長引く咳の患者さんに朗報!一酸化窒素測定器を導入しました。

空気の通り道である気道に慢性的な炎症を持つ患者さんでは、吐く息の中(呼気中)のNO(一酸化窒素)の濃度が高いことが分かっています。


気管性喘息では気道に慢性的な炎症があるため呼気NO濃度が高くなっています。したがって咳・痰などの症状のある方の呼気を調べることにより、その咳・痰が気管支喘息によるものかどうか判定できます。


このように呼気NOは気管支喘息の診断やコントロール状態の評価に有用な検査です。
なお、この検査による副作用はないのでご安心下さい。呼気中一酸化窒素(NO)測定などを駆使して正確な診断を心がけています