11月5日にやまぼうし倶楽部による市民向け医療講座を行いました。

講演会は2部制で行い、1部では志太訪問看護ステーション鈴木理学療法士、中澤理学療法士によるロコモチェック、リハビリの実践をしていただきました。

会場の皆さん皆で体を動かし、隙間時間で出来るリハビリ方法を教えて頂きました。

2部では「医療は変わる。自分を変える。十年後の日本を生き抜くために。」と誠先生より講演がありました。

笑いが絶えない講演会でした。PPK(ぴんぴんころり)を目指すにはGGS(ぎりぎり元気シニア)がその前にあり、その為には生活習慣病の予防やリハビリが必要と教えて頂きました。


写真