熊本地震JMAT災害支援活動

5月6日~10日まで熊本県阿蘇市を拠点にし、大津町にある本田技研熊本製作所内の体育館(避難所)で、災害医療支援を行ってきました。診察室を避難所に開き、福島県保健師チーム等と連携を取りながら避難者の医療ケアを行いました。また、巡回を行いながら熱中症や食中毒予防の啓発を行いました。
宿泊地から派遣先の避難所までの道路が通行止で、迂回路が山中となり余震が続き雨が降っている環境であった為、土砂崩れ等二次災害の懸念もある中での活動でした。
私たちが現地入りした頃は、地域の診療所の復興も進み医療ニーズが減ってきている中でしたが、公衆衛生面や心のケアがまだまだ必要な状態と感じました。


写真