転職から新しい業種へのチャレンジ

写真

私は、プログラマを10年ほどやってきましたが、いろいろな事情により転職を決め、介護職を選択しました。介護を選択した理由としては、介護職である弟や友人から経験談など聞くことができ、また現在の少子高齢化問題から介護の需要が高まっていることが挙げられます。

パソコンを目の前に一日座って仕事をしていた状態から人を相手にする動きの多い仕事に環境が大きく変わりますし、前職を辞めてから資格を取ったばかりで右も左もわからない状態という不安も最初はありました。

そんな中、職場の先輩方からご指導あるおかげで続けていけております。出身が地元ということもあり、三輪先生には幼少のころからお世話になっており、理念や地域を支えていきたいという気持ちに共感し、日々勉強という毎日です。

仕事を行っていて、利用者様から「ありがとう」の言葉や笑顔を頂き、大きな励みになっております。人見知りなところがあるため、最初は利用者様となかなか接することができませんでしたが、今ではそれも無くなり利用者様と楽しく接することができ、この仕事を選んでよかったと思います。

昔、叔父の介護で褥瘡ができてしまったり、認知症で対応に困ったことがありましたが、過去のそういう経験をしたからこそ、同じような状態にならないよう介護を行っていき、また先輩方や利用者様に支えられていることを忘れずに、これからも頑張っていきたいと思います。


2CSユニット介護  天野勇一