志太訪問看護ステーションに新しい職員が入りました。

写真

11月16日より、新しく志太訪問看護ステーションで働かせていただいています看護師の岩倉まなみです。志太会の、地域に根を張る関わりをされているところに魅力を感じ、総合病院から転職してきました。
自宅での生活を続けながら、病とつきあっていく方々のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。毎日の訪問の中で、利用者様、ご家族様、地域方々の力をものすごく感じています。また、医師、看護師、理学療法士、ケアマネジャー、ホームヘルパー、あるいは通所サービスやショートステイなどそれぞれの職種の方々が利用者様、ご家族様をサポートしていこうと言うあついあつい思いに触れ、チーム力の強さを実感しています。私もその一手に少しでもなれますよう、日々精進していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
岩倉まなみ


作業療法士の原川佳子と申します。真正面に富士山を望む富士市で生まれ育ち、焼津に住んで13年になります。今までは、介護老人保健施設で入所を主に担当して働いてきました。
今年4月から三輪医院グループに入職し、みどりの風デイサービスに11月迄。12月より訪問看護ステーション勤務となりました。訪問リハビリの役割として、心身機能への対応に加え、日常生活動作の自立や社会参加等その方らしい生活の再構築(又は維持)があります。
在宅で暮らす地域の方々のご希望が叶うようなリハビリを提供し、ご自宅で安心して暮らし続けられるように、少しでもお役に立てればうれしく思います。
又、人権尊重、安心提供、生きる喜び、という志太会の理念を心がけながら働いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。
原川佳子