三輪医院(機能強化型在宅療養支援診療所)

「医者である前にここで生まれ育った1人の住民として愛する自分の地域をなんとかしたい。自分に与えられた使命に正直に、正しく、全力をつくしたい」その気持ちが原点です。
医療、介護、看護ががっちりとチームを組み、包括的な医療を心がけています。
妊婦さん、赤ちゃん、小児からお年寄りまで幅広対応できるファミリークリニックです。

三輪一太を中心に午前中は誠理事長、午後は杉浦先生と共に多角的な治療をいたします。
よって内科小児科全般はさることながら、皮膚科、泌尿器科、脳神経科、認知症相談、アレルギー、骨粗鬆症、腰痛、不眠など、「よくある病気」には幅広く対応できます。
そのため、あちこちの専門のクリニックを回らなくても良いことが多いです。
もちろん専門性が特に強い病気については紹介いたします。
気軽にご相談ください。診てもらえる病気か判断に迷う場合は電話も相談を受け付けています。

当院は在宅医療にも力をいれており、訪問看護やケアマネジャーと協力し、年間50名以上の方を在宅で看取っております。

写真

診療科目

外来の特色

子どもに対して

写真

岡部聖母保育園、保育施設 風の子、岡部小学校、朝比奈第一小学校の園医、校医であり、「子どもは地域の宝である」という考えのもと、小学校での禁煙教育講座、その他健康講座をおこなっており、子どもたちが、大人になっても元気でいられるよう、情熱を燃やしています。私自身が3人の子どもの親であり、子どもは大好きです。
風邪や下痢、小児科特有の水痘や手足口病のような感染症はもちろん、アトピーやぜんそく、じんましん、虫さされなどもご相談ください。
現在も藤枝市立総合病院の非常勤医師として夜間小児科救急をお手伝いしています。
診察はやさしく、わかりやすい説明をこころがけています。子どもと「お友達のような関係」になれるように努力します。
予防接種もすべて行っており、比較的安い値段で、行っています。


成人に対して

日本内科学会認定総合内科専門医であることを生かし、常に新しい知識を勉強し実践し10年先のことを考えた治療をします。
また院長は日本抗加齢学会専門医(アンチエイジング学会)の免許も取得しており、これまでの「病気を治す」という考え方から、「病気にならない」「ガンにならない」「認知症にならない」という予防医療に力をいれています。
専門分野の異なる3名の医師がいるため、かなり広い範囲の疾患をカバーします。内科全般以外にも皮膚科、泌尿器科、もの忘れ相談、脳神経外科、アレルギー、不眠他なんでもご相談ください。
エコー 胃カメラなども行い、ガンの早期発見に努めています。年に数回自治会や、ボランティア組織などで健康講座も行っています。
不幸にして脳卒中やがん、認知症になり不自由な状態になってもその人が安心して生きていけるよう最大限に医療、看護、介護と連携し責任をもって診ていきます。

写真

お年寄りに対して

とにかく最期まで責任を持つ。三輪医院あるいは地域の持っているサービスを生かし、連携し「家族も本人も最期まで大好きな家で、安心して、生きる」ということを基本に考えます。
ガンだって、認知症だって、老衰だって、人間であるからにはほとんどの方は最終的には動けなくなります。場合によっては寝たきり、あるいは車いす生活が何年ということもあるでしょう。亡くなる前の日まで自分でトイレに行き、食事をとっていた人などは年に数人しかいません。9割以上に人は数週から数年いわゆる介護生活があります。
介護される期間は平均男性で9年、女性で12年というデータが発表されました。
この長い時間を安心して、本人、ご家族が安心して過ごせるようにするということが、三輪医院グループの存在意義であります。
長く診ていた方が徐々に弱ってくれば、助けて差し上げたい。力になりたい。それが人として自然な感情です。
「弱ってきて外来に通えなくなったらもう診察しません。」これでは無責任すぎます。自分で車を運転できなくなれば、送迎バスを出します。足腰が弱ればリハビリをします。認知機能や身体能力低下予防にデイサービスもあります。通えなくなれば往診もします。家で看取りもします。在宅看取りは年間50名以上で静岡県でもトップクラスです。在宅で訪問リハビリや、訪問看護もあります。家で療養できない方はユニケアやみどりの風などの施設もあります。施設の看取りも県内トップクラスです。総合病院など急性期に行なう以外のサービスはそろっています。これだけあってやっと安心して生きるということが実現されるのです。そしてなにより大切なのが、グループ内の情報の共有です。デイサービスやリハビリで患者さんの状態が悪い時は、すぐに我々医師に連絡があり、対処します。
サービスを利用されている方は高齢者が多いため、病気の早期の発見、治療で多くの方が入院せずに済んだ、手遅れにならずに済んだ。ということも少なくありません。
医療、介護、看護全ての職種はそれぞれのプロフェショナルですが、それぞれがしっかり、連携し、協力することで何倍もの力を発揮します。三輪医院以外のグループにもメールアドレスと携帯の番号を公開し、必要あればいつでも連絡するように伝えています。また近隣の他法人である、亀寿の郷ケアマネ―ジャーさんや、ヘルパーさんとも定期的にカンファレンスを行っています。

最期まで責任を持つということは、聞こえはかっこいいですが、医療、介護、看護にとって、一日8時間労働から24時間365日体制になるということでもあります。
医者にとっても、看護婦にとっても、介護士にとっても、精神的、肉体的な負担になることは間違いありません。避けて通れば楽です。避けて通る人もいます。避けて通れば休日も盆も正月も携帯電話を気にせず、遠いところに遊びに行き、ゆっくり酒でも飲めるかもしれません。しかし我々は逃げません。地域を守りきる。そういう気合と、理想に燃えています。「三輪さんにいっておけば大丈夫」こんな言葉を力に開業以来100年。そしてこれからも100年。地域に責任をもって使命を果たしていきたいと思います。

写真

往診風景

外来と往診

一般的な小児予防接種や小児ロタウイルスワクチン、小児ヒブワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、子宮けいガンワクチン、大人用肺炎球菌ワクチンなど。

肺や心臓の病気、腸閉そく、骨折などがわかります。

胃腸以外の悪性疾患や胸やおなかにたまった水、胆石、尿路結石などの検出に有用です。血管のエコーでは動脈硬化の重症度がわかります。

経鼻内視鏡により苦痛は軽減(アンケートによると口からのカメラの3割程度の苦しさ)。早期食道がん、早期胃がん、胃十二指腸潰瘍などがわかります。胃のバリウムに比べ圧倒的によくわかります。組織の検査も可能。

呼吸機能を計測する機械。肺気腫、喘息などの重症度を検出できます。

骨粗鬆症をみつけ、治療し、将来的な骨折→寝たきりを予防します。

糖尿病のコントロールの指標となるHbA1cを約10分で検出。迅速検査により、よりよいコントロールを目指します。

管理栄養士により糖尿病、高血圧、高脂血症、慢性腎障害ほか様々な疾患に合わせた栄養指導を行っています。

診療日

月曜~土曜(ただし水・土曜日午後休診)

診察時間

午前8時30分~午後12時00分  午後3時00分~午後6時00分

休診日

日曜・祝祭日

三輪一太略歴

三輪一太
  • 広島大学卒業後藤枝市立総合病院で内科、小児科など幅広く研修
  • 志太医師会内科医会幹事
  • 藤枝市立総合病院非常勤医師
  • 岡部小学校校医
  • 朝比奈第一小学校校医
  • 岡部聖母保育園医
  • プレスクールアリス園医
  • 風の子の家園医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本小児科学会会員
  • 日本外来小児科学会会員
  • 日本抗加齢学会専門医
  • 日本プライマリケア連合学会会員
  • 日本プライマリケア連合学会 静岡支部幹事
  • 日本在宅医学会会員
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • がん診療にかかわる医師に対する緩和ケア研修会終了
  • 認知症サポート医

予防接種について

三輪医院では病気を予防するという考えから予防接種を積極的に行っています。
特に近年は小児領域の定期予防接種の激増により、1本1本やっていくうちに、接種が遅れてしまい、本来はワクチンで防げた病気にかかってしまい、命を落としたり、一生重い障害を残してしまう子供がいます。これでは本末転倒です。これを防ぐため当院では複数のワクチンの同時接種をいち早く導入しています(もちろん希望により1本1本やることもします)。

ロタウイルスワクチン・BCG・4種混合・ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン・B型肝炎ウイルスワクチンをすべて同時に接種される方もいます。同時接種の安全性は確立されており、WHOでも日本小児科学会でも推奨されています。日本以外の先進国も発展途上国も同時接種が常識です。

予防接種が遅れて病気になってしまい、大変なことになる確率のほうが、予防接種の副作用で大変なことになる確率より圧倒的に多いのです。赤ちゃんがお母さんからもらった免疫が切れる6カ月までにロタウイルスワクチン・BCG・4種混合・ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンをきっちり終わらせておくべきです。

都会ほど話題にはなりませんが、B型肝炎ウイルスワクチンも接種をお勧めします。とくに保育園に1歳から行くようなお子さんは強くお勧めします。B型肝炎ウイルスが乳幼児期に集団生活から感染すると考えられる感染経路があるからです。水痘・おたふくワクチンは今までは1回でよいとされていましたが、最近は2回接種が勧められています。1回では有効な免疫がつかない場合があります。
三輪医院では子供を守るという観点からこのようなワクチンをできるだけ安価で提供しています。

ロタウイルスワクチン(ロタリックス)……12800円/回
水痘(みずぼうそう)ワクチン……6800円/回
ムンプス(おたふく)ワクチン……5700円/回
B型肝炎ワクチン……5100円/回
子宮けいがんワクチン(ガーダシル)……15,800円/回
肺炎球菌ワクチン大人……7000円/回
風疹ワクチン……5400円/回
麻疹風疹混合ワクチン……10,000円/回

接種日:月・火・木・金の14時40分、16時30分〜17時30分
予約制です。窓口か電話で予約してください。
母子手帳を必ずもって来院してください。誤接種防止のためよろしくお願いいたします。

外来担当医表

時間
  一診 二診 一診 二診 一診 二診 一診 二診 一診 二診 一診 二診
8:30

12:00





 








 





 





 








 





 
15:00


















三輪一太 : 内科・小児科・消化器科・呼吸器科・循環器科・予防接種
三輪 誠 : 泌尿器科・物忘れ外来・介護保険関係・神経痛
杉浦正司 : 脳神経外科・神経内科

インターネット受付

三輪医院の一般診察(午後)をインターネットで受付ております

QRコード
  1. 当日の午後の一般診察を受ける順番を取れます(日時指定のご予約はできません)
  2. パソコンや携帯電話などのインターネットから診察の受付ができます。
  3. 診察の順番が近づいた事を電話やメールで自動通知する「お知らせコール」もご利用いただけます。
  4. 電話音声による受付方法は別紙を参照ください。
  5. 初診のかた(初めて来院される方)はご利用いただけません。
  6. 予約の受付は当日12:00から開始しとなります。
写真

ご連絡先

外来TEL

054-667-3000

訪問看護ステーション

054-667-3730

デイサービスセンター

054-667-3133

在宅総合支援室

三輪医院在宅総合支援室は、患者様と医療・介護・福祉をつなぐ役割を担います。

写真

三輪医院総合支援室では、患者様が安心して在宅で生活でき医療面に対する不安が無いように、あらゆる相談を受け付ける窓口として在宅医療を支えるチームの一員となりお手伝いをさせて頂きます。「私の声が皆さんに伝わっていて多くの人に支えられていると勇気づけられた。」と患者様やご家族様が思えるような、情報共有ができる仕組みを考えて行きたいと思います。

外来の患者様、往診の患者様はもちろん、医療・介護・福祉等関係機関の皆様、三輪医院に関わる患者様が安心して在宅生活を過ごされますように、お気づきの点等ございましたら遠慮なくお声をかけてください。地域からの声を伺い「より良い医療・介護・福祉」をビジョンできる支援室を目指します。
他にも、ボランティアクラブ「やまぼうしクラブ」の事務局をさせて頂いています。「やまぼうしクラブ」は高齢者施設での園芸ボランティアや季節行事ボランティア等、色々なボランティア活動をしています。平成25年1月より「認知症介護の家族会」を岡部地区でもスタートし「徘徊が散歩と思えるまちづくり」を目指しています。また岡部町民センターで「ふくし・かいご作品展」を開催いたします。クラブの皆様が岡部地区の作業所やデイサービス、幼稚園等に声をかけ「障害があっっても光る力がある。誰もが一生懸命生きていることを分かち合い、やさしい町になる。」を趣旨に地域住民互いに繋がりができ相互援助が自然に行える町づくりをこちらは目指しています。

ボランティア活動に興味がある方はぜひご連絡ください。

お問い合わせ

連絡先:〒421-1131 藤枝市岡部町内谷60-2
三輪医院在宅総合支援室 担当 川村 電話:080-1562-0919